一軒家

狂暴なスズメバチの巣を的確に駆除する方法

1匹も残さずに

ゴキブリは、見かけたものだけでなく、潜んでいるものを全て退治する必要があります。残しておくと、産卵によって数が増えていくからです。スプレータイプの殺虫剤でも退治できますが、潜んでいる場所でも効率良く退治できる燻煙剤がよく使われています。ただし燻煙剤は、卵が孵化する頃に、再度使用する必要があります。

アリがもたらす悲劇と対策

シロアリは、家の中にある木に入り込み侵食していってしまう虫です。シロアリ被害に遭ってしまったときは、駆除の専門業者へ依頼しましょう。駆除だけでなく、再発防止対策なども行ってくれます。また、様々な業者を比べてみることもおすすめです。

専門業者に依頼

ハチ

安心の駆除

スズメバチはどこにでも巣を作ってしまう生き物です。そして凶暴な性格のために場合によっては人を襲うこともあり、毒の強さから死者を出してしまうようなケースもあります。このためスズメバチの巣ができてしまった場合には駆除をする必要がありますが、駆除をするにあたっても襲われる危険性があります。そこで人気があるのがスズメバチの巣などの駆除を専門に行っている会社に依頼をする方法です。専門の会社であれば、駆除のための防護服などを保有しているので安心して処理を依頼することができます。市役所にも専門のスズメバチの巣など蜂の巣駆除を専門にしているチームを有している場合があります。費用も自治体の駆除なら安く済むので人気があります。

価格は色々

スズメバチの巣などの蜂の巣の駆除を依頼する時には事前にどの程度の費用がかかるのかを見積もりするのがよいです。これは、会社によって費用が異なる特徴があるためで、やり方も会社によって異なります。スズメバチの巣は家の外側だけでなく家の内部にできるようなケースもあります。こうした場合には自宅の一部を壊してやらなければいけないケースもあります。巣の破壊方法が会社によって異なるため、自宅の修理方法も変わってくるケースがあります。いきなり1つの会社を選んでやってもらうよりもいくつかの会社に見てもらうのがよいです。最近ではネットで画像を送って費用の見積もりをしてもらうという簡単見積もりを採用するところも増えています。

異変に気がついたら

屋根裏でガサガサと音がしたり、部屋中に強烈な臭いが充満してきたりした場合には動物が棲み着いてしまっている場合があります。すぐに害獣駆除業者に相談し駆除依頼をお願いしましょう。放っておくと二次被害を引き起こすおそれもあるからです。