女性

狂暴なスズメバチの巣を的確に駆除する方法

1匹も残さずに

家

潜んでいる場所にも

ゴキブリは、見かけた時に素早くスプレータイプの殺虫剤を吹きつければ、退治することが可能です。しかしこの場合は、退治できるのは吹きつけたゴキブリのみです。食器棚の裏側など目立ちにくい場所に、他のゴキブリが潜んでいることが多く、根本的に解消するためには、その全てを退治する必要があります。というのも、ゴキブリのメスは約2週間おきに産卵するからです。しかも20〜40個もの卵をまとめて産卵するので、1匹でも残しておくと、孵化により数は数十倍になってしまうのです。そのため殺虫剤は、見かけたゴキブリだけでなく、潜んでいる可能性の高い場所にも噴霧しておくことが大事です。また卵を発見した場合には、孵化する前に捨てることが肝心です。

室内に充満する燻煙剤

潜んでいる場所をなかなか特定できないという場合には、多くの人が退治に燻煙剤を使用しています。ドアや窓を閉め切った室内で燻煙剤を使用すると、そこでは殺虫成分を含んだ煙が充満することになります。煙は隅々にまで行き渡るので、潜んでいるゴキブリも含めて、1匹残らず退治することが可能となるのです。ただし卵に関しては、非常に硬い殻に包まれているので、燻煙剤が中にまで浸透していきません。したがって燻煙剤を使用しても、卵があった場合には、そこから生まれた新しいゴキブリによる被害が発生する可能性があります。孵化は、産卵してから約3週間後となっています。したがって燻煙剤は、そのタイミングで追加で使用することが大事とされています。